印刷失敗 あるある

コピー出力機依存はコスト高かも。
ネット印刷は内容までチェックしてくれない の巻

最近はコピー機やオンデマンドプリンタの性能も良くなり、小部数の冊子を内製する事も普通です。またネット印刷も一般的になって、自分が作ったデータで気軽に印刷注文できるメリットを感じている方も多いと思います。
でもちょっと待ってください。ページや部数が多い冊子の内製化は、出力代金が印刷外注より高くなる事もあるのをご存知ですか?
さらに担当者が出力機の前につきっきりになって、他の仕事ができなくなるコストも考えなければなりません。

ネット印刷は内容までチェックしてくれません。
データ入稿は内容の間違いに気が付きにくいのです。完成品を見て気がついたという経験はありませんか?
ネット印刷はシステム化され融通が効きません。
印刷物をどこでどのように作るか、データや内容はきちんとチェックしているかを確認しないと便利なものでも高くつく事があります。

大学・学術関連 印刷で60年 弊社の当たり前

✓顧客専用のポータル sobun.jpから印刷発注・原稿アップロードができます。
⇒ネット印刷のように気軽です。詳細はこちらへ
✓原稿は内容を確認し、怪しい部分はご指摘させていただきます。
⇒チェックの目が多いほど安心です。
✓ページ数、部数、納品先の変更、個別発送にも出来うる限り対応します。
⇒印刷後も任せて安心です。
✓作業情報の蓄積をもとに、お客様を綿密にフォローいたします。
⇒過去のお仕事はいつでもお問い合わせ頂けます。

 

ご相談はこちらからどうぞ

コメントは受け付けていません。